• 新入荷 … 新入荷作品(入荷後1ヶ月)
  • オススメ… オススメ作品
  • 再入荷… 再入荷作品(入荷後1ヶ月)
  • 店頭品切れ… 店頭品切れ作品
  • 廃盤… 廃盤・売切れ作品

TOP > DUB/REGGAE/WORLD > いとうせいこう is the poet 『直して次に渡す / 直して次に渡す (DUB)』 (7"EP/JPN/ DUB)

いとうせいこう is the poet 『直して次に渡す / 直して次に渡す (DUB)』 (7

いとうせいこう is the poet 『直して次に渡す / 直して次に渡す (DUB)』 (7"EP/JPN/ DUB)

型番 Dirty30 Production / HR7S145
販売価格

1,500円(税込1,650円)

購入数
Share

いとうせいこう is the poet 『直して次に渡す / 直して次に渡す (DUB)』 (7"EP/JPN/ DUB)
いとうせいこうを中心にDUBFORCEのメンバーで構成された「いとうせいこう is the poet」は、いとう自身の小説や詩や演説などの一節を、即興音楽に合わせてその場で選びながら読んでいき、常にそれをダブ処理することで音と言葉を拮抗させる全く新しいスタイルのポエトリーのユニットとして話題を集めている。

そんな「いとうせいこう is the poet」(通称ITP)の待望の作品が初のアナログ化。第1弾として、7インチでのリリースが決定した。いとうの世界観によって生み出される
ポエトリーの数々はもとより、全インプロで行われるLIVE・セッションは、国内のポエトリーリーディング・シーンに新たなる衝動を巻き起こしている。本作は、いとうせいこう is the poet名義初となる限定盤となっている。
(インフォより)

【DUBFORCE バイオグラフィ】
2015年3月、事故で療養中の朝本浩文にエールを送るべく開催されたチャリティ・イベント「Asamoto Lovers Aid」で集結したミュージシャンが中心となり始動したライヴ・ダブ・バンド。

錚々たるベテラン・ミュージシャンが参加し、活動開始直後から話題を呼び渋谷クアトロで初ライヴ(15年11月)を皮切りに、GREENROOM FESTIVAL、WORLD HAPPINESS、いとうせいこうフェス、ビルボードライブ東京などに出演。
16年にリリースした5曲入りEP『DUBFORCE』の他、17年にリミックスを行なったMONDO GROSSO「ラビリンス(DUBFORCE Mix)」、さらに18年にリリースした7インチ「LIAR DUB/光り出しそうだ」が話題となる。

現在のメンバーは、MUTE BEATやSimply Redでの活動を経て様々なプロジェクトに参加する屋敷豪太(Dr)を筆頭に、MUTE BEATのオリジナルメンバーでありエンジニア、リミキサーなど幅広く活躍するDUB MASTER X(MIX)、WATUSI(Ba)、アイゴンこと會田茂一(Gt)、龍山一平(Key)、コバヤシケン(Sax)、SAKI(Trumpet)、さらに16年に電撃加入したいとうせいこうで構成されている。

ライヴに拘り、毎回斬新で刺激的なアプローチが繰り広げられるステージは、その日限りのものとなる。これまでステージで共演したアーティストは、宮沢和史、元ちとせ、小泉今日子、スチャダラパー&高木完、こだま和文、和田永、ZEEBRAなど多種多様。何が起こるか分からない彼等のステージから今後も目が離せない。

----------

2019.08リリース
line