• 新入荷 … 新入荷作品(入荷後1ヶ月)
  • オススメ… オススメ作品
  • 再入荷… 再入荷作品(入荷後1ヶ月)
  • 店頭品切れ… 店頭品切れ作品
  • 廃盤… 廃盤・売切れ作品

TOP > ROCK/POP/FOLK > は/ま/や/ら/わ/を/ん > やくしまるえつこ 『アンノウン・ワールドマップ』 (7"EP/JPN/ POP)

やくしまるえつこ 『アンノウン・ワールドマップ』 (7

やくしまるえつこ 『アンノウン・ワールドマップ』 (7"EP/JPN/ POP)

型番 みらいレコーズ / QAMR-11112
販売価格

1,500円(税込1,650円)

購入数
Share

やくしまるえつこ 『アンノウン・ワールドマップ』 (7"EP/JPN/ POP)
アーティスト兼プロデューサーとして相対性理論など数々のプロジェクトを主宰し、メディアアート界のオスカーとも呼ばれる世界最大の国際科学芸術賞アルスエレクトロニカ・STARTS Prizeでもグランプリを受賞するなど、あらゆる境界を超えた活躍を続けるやくしまるえつこ。
2019年7月には自身のバンド・相対性理論の初ライブアルバム『調べる相対性理論』をリリース。その圧倒的な音楽に「ひとつの高みに達しようとしている」(松村正人 / 批評家・編集者)、「まさに他には無い音楽が鳴り響く」(鈴木慶一 ムーンライダーズ)と早くも数々の賛辞が寄せられる中、待望の最新シングル『アンノウン・ワールドマップ』がリリース!

これまでも「荒川アンダーザブリッジ」「輪るピングドラム」「四畳半神話大系」「スペースダンディ」「美少女戦士セーラームーンCrystal」などの主題歌を担当し、唯一無二のポップソングを生み出して来たやくしまるえつこが、「ハイスコアガール」原作者・押切蓮介からの「(「ハイスコアガール」のヒロイン)大野さんの心を代弁してくれる歌声をもった人は、やくしまるさんしかいない」と熱烈なオファーを受け制作した「ハイスコアガール」主題歌『放課後ディストラクション』は作品とともに世界各国のファンから愛されるロングランヒットを記録。そして、国内外のリスナーから「ハイスコアガール」第二期主題歌を熱望する声が数多く寄せられる中、遂に「ハイスコアガールII」のED主題歌『アンノウン・ワールドマップ』の発売が決定!
切ない青春の日々とともに未来へと進んでいく「ハイスコアガール」のフィナーレに寄り添った新たなる名曲となっている。

音楽・アートワーク共にこれまでのやくしまる・相対性理論作品と同様にやくしまるえつこが全面プロデュース&ディレクション。大好評だった前作と同様にジャケットには「ハイスコアガール」原作者・押切蓮介も参加。押切蓮介+やくしまるえつこ 描き下ろしジャケット仕様。本作品はCDと7インチアナログレコードで発売される。
(インフォより)

【やくしまるえつこ プロフィール】
アーティスト兼プロデューサー、作詞・作曲・編曲家として「相対性理論」など数々のプロジェクトを主宰。ポップミュージックからエクスペリメンタルミュージック、アート、テクノロジー、文筆、朗読とあらゆる領域を自在に横断し、一貫してインディペンデントでの活躍を続ける。
2016年にリリースした相対性理論『天声ジングル』には坂本龍一、ジェフ・ミルズ、黒沢清、ペンギンカフェらから賛辞が贈られ、同アルバムを提げ、レコード会社にもプロダクションにも所属しないアーティストとして前代未聞の日本武道館公演「八角形」を実現。近年のその音楽性は「ひとつの高みに達しようとしている」と賞される。
自身のバンドやソロワークスの他にも、映画音楽からアイドルまで幅広いプロデュースワークや楽曲提供、インスタレーションや絵画作品、人工知能と自身の声による歌生成ロボや生体データ、人工衛星や遺伝子を用いた作品など多岐に渡る。
バイオテクノロジーを駆使し、音源と遺伝子組換え微生物で発表した作品『わたしは人類』で世界最大の国際科学芸術賞アルスエレクトロニカ・STARTS PRIZEグランプリを受賞。金沢21世紀美術館で展示された『わたしは人類 (ver.金沢)』は、ポップミュージックで初めて同館のコレクション作品として収蔵されている。
近作に相対性理論『調べる相対性理論』、やくしまるえつこ『放課後ディストラクション』など。
http://yakushimaruetsuko.com/


[track list]
A1. アンノウン・ワールドマップ
B1. アンノウン・ワールドマップ (Yoshinori Sunahara Remix)


----------

#やくしまるえつこ / #Yakushimaru Etsuko
2019.10リリース
line